自然と復縁する方法

この記事は2分で読めます

「元カノ・元カレともう一度やり直したい…」
「でも、しつこく迫ったら余計に嫌われそうで怖い」
「何が何でもよりを戻したい…。」

そう思っても、相手はこちらの話も聞いてくれない。

 

会ってくれない、電話にも出てくれない、メールを送っても返信がない。

 

『こんな状況で俺(私)はどうしたらいいんですか?』

 

 

そう思って途方にくれてしまう時期が、誰にだってあるものです。

 

そんなとき、無理やり連絡を取ろうとしたり、
家にまで押しかけて話し合おうとするのは絶対にNGです。

 

復縁できる可能性を、一気に減らしてしまう行為です。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

大切なのは、何をしてでも相手との恋人関係を復活させることではありません。

 

実は、”対等に”話し合える関係を取り戻すことなのです。

 

「お願いだから、もう一度やり直して……!」
「今後はあんなことしないから!」

 

あなたの懸命な説得によって、
相手が折れて首を縦に振ってくれたとします。

 

しかし、そのような、
「頼み込む、お願いする」⇒「頭を下げられたから仕方なくOKする」
という、『一方的な関係』では、
たとえ一時的に付き合いが戻ったとしても、長くは続きません。

 

 

・相手が、そばにいないのが不安
・早く昔みたいな関係に戻りたい

 

そんな気持ちを抑えきれずに、
恋人関係を戻すことを最優先してしまいがちです。

 

ですが、本当に大好きなあの人と
ずっと一緒にいたいと思うのならば、

一方的な関係ではなく、自然な形でよりを戻すことを考えましょう。

 

自然によりを戻すためには「対等な人間関係を築き上げること」。

 

そのためには、お互いが落ち着いて話し合える環境が絶対に必要です。

 

あなたが、または相手が冷静でないと思ったならば、
やはり距離をおいて冷却期間を取ることが有効です。

 

辛いかもしれませんが、離れている時間だって、
2人にとっての大切な時間なのです。

 

 

推奨復縁マニュアル実践者の声

いつもお世話になっております。

待ちに待った復縁報告メール。

 

メルマガでいつも読んでいて羨ましかったです。

 

「いつか私も絶対に報告メールを先生に送るんだ!」
と決めていました。

 

やっと、やっと
送ることができました!

 

私は人より行動するのも遅いし、
ついつい行動より先に考え込んでしまいます。

 

考えすぎて、徐々に悪い方向へとイメージしていって、
結局動けない状態に陥ります。

 

だけど、先生のカウンセリングのおかげで
少しずつ精神的に強くなっていくことができました。

 

別れたのが2009年2月。
先生に出会ったのが2009年10月。
復縁できたのが今年の8月29日。

 

私の行動力の無さで時間がかかってしまいましたが、
諦めかけていた私を励ましてくれた先生を信じて、

 

ここまでやってきて本当に良かったです。

 

これからたくさんの幸せを手に入れていきます!
先生の夫婦LOVEには負けませんよ!

 

 

編集後記

バイオハザードIVが3Dで公開しているみたいです。
あのグロテスクな映画を2Dで見るか、
3Dで見るか… 悩みます。

自称映画評論家としては、
やはり3Dで見るべきなのか…。

うーん…。

 



数多くの復縁マニュアルを検証し、『復縁できる!』と確信した唯一の復縁方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

当サイトの読者さん達からも復縁報告を頂いております☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人

AKIです。

このサイトでは、男性心理を解き明かし、復縁を成功させるためのテクニックや恋愛技法を発信しています。

男の視点から話すことによって、女性には分からなかった、よりリアルな男性の内側を公開しています。

復縁のみに限らず、男性にモテるための技法も発信していますので、恋愛全般で活用して頂けます。