冷却期間に入る前の連絡

この記事は1分で読めます

冷却期間前に、
「よし!距離を置く前に最後にメールを送ろう!」と思う方は割りと多いようです。

 

ですが、このメールは送らないほうが自分のためになります。
なぜならば、そのときのあなたの気持ちはまだピークに近い状態です。

 

つまり、無意識にメールの内容が重くなる可能性があります。

 

最初は「軽く感謝のメールを打とう」と思っていたのが、
気づいたら長文の「感謝、謝罪、別れたくない」メールへと化しています。

 

相手が現段階で求めているのは自由・癒しです。

 

別れの原因が疲れやストレスとなっていたので、
今は一人になりたいことでしょう。

 

そんな状況の相手に対して、
最後にあなたから重い(自分の気持ちばかりを語っている)メールが来てしまうと、
余計に「別れて良かった」と思われてしまいます。

 

冷却期間前は、明るい未来のためにぐっと辛抱しましょう!

 



数多くの復縁マニュアルを検証し、『復縁できる!』と確信した唯一の復縁方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

当サイトの読者さん達からも復縁報告を頂いております☆

関連記事

  1. 2011 05.11

    復縁の成功率

  2. 2011 06.29

    復縁の可能性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人

AKIです。

このサイトでは、男性心理を解き明かし、復縁を成功させるためのテクニックや恋愛技法を発信しています。

男の視点から話すことによって、女性には分からなかった、よりリアルな男性の内側を公開しています。

復縁のみに限らず、男性にモテるための技法も発信していますので、恋愛全般で活用して頂けます。