焦りを抑えること

この記事は1分で読めます

皆さんの中にも、冷却期間のことをご存知の方も多くいらっしゃると思います。

 

簡単に説明しますと、冷却期間というのは、
相手から距離を置き、反省・自分磨きなどをして、
相手にまた会ったときに変わっている自分を見せる、というものです。

 

ほとんどの場合、私は冷却期間を推奨しています。
改めて自分を見直すいい機会にもなります。

 

この冷却期間中に相手から連絡が来た場合、多くの方が
嬉しさのあまりメールを返したり、電話に出たりしてしまいます。

 

「よし、今回の連絡を最後に、またしっかりと冷却期間をはじめよう」
と考える方も多くいらっしゃいます。

 

 

ですが、後回しにしていますと、絶対に上手くはいきません。
また相手から連絡がくれば、きっとまた対応してしまいます。

 

多くの場合、原因は焦りです。
今回無視してしまったらもう相手にされないんじゃないか、という不安と焦りです。

 

ですが、そんなに焦る必要はありません。

 

相手自ら連絡してくるぐらいですから、
よほどのことが無い限りそんな簡単に相手はあなたの前からは消えません。

 

ですので、当初の目的を忘れず、
ぐっとこらえて、復縁に向かっていきましょう。

 

あなたなら絶対にできます!

 



数多くの復縁マニュアルを検証し、『復縁できる!』と確信した唯一の復縁方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

当サイトの読者さん達からも復縁報告を頂いております☆

関連記事

  1. 2011 05.06

    連絡の間隔

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人

AKIです。

このサイトでは、男性心理を解き明かし、復縁を成功させるためのテクニックや恋愛技法を発信しています。

男の視点から話すことによって、女性には分からなかった、よりリアルな男性の内側を公開しています。

復縁のみに限らず、男性にモテるための技法も発信していますので、恋愛全般で活用して頂けます。