メールの使い方とペース

この記事は1分で読めます

人によってメールの使い方は違います。
大きく2タイプに分かれます。

 

日常会話のツールとして使う人

用事があるときだけメールする人

 

更に、日常会話ツールとして使う人でも、
メールのペースは人それぞれです。

 

1日1回で十分という人もいれば、
1日10回以上するのが普通という人もいます。

 

相手のメールのペースを見極めるのはとても大切です。

 

1日1回しかメールしない相手に10回送ってしまうと、
おそらく相手は嫌になり返信をしてくれなくなるでしょう。

 

 

効果的な方法としては、
相手の返信頻度と返信速度を真似ることです。

 

相手が2時間空けてから返信してきたら、
こちらも2時間空けて返信する、 といった形です。

 

自分とペースが合うだけで人は気持ちが楽になります。

 



数多くの復縁マニュアルを検証し、『復縁できる!』と確信した唯一の復縁方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

当サイトの読者さん達からも復縁報告を頂いております☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人

AKIです。

このサイトでは、男性心理を解き明かし、復縁を成功させるためのテクニックや恋愛技法を発信しています。

男の視点から話すことによって、女性には分からなかった、よりリアルな男性の内側を公開しています。

復縁のみに限らず、男性にモテるための技法も発信していますので、恋愛全般で活用して頂けます。