メールの習慣化

この記事は1分で読めます

復縁 に向けての冷却期間が終わった後、
どのタイミングで連絡をすればいいのか?

 

一番悩むところだと思います。

 

一つの手法としては、
曜日と時間を決めてメールを送ることです。

 

あなたからのメールを習慣化することによって、
違和感を抱かなくなります。

 

 

例えば、1週間の終わりの金曜日の19時に毎週メールを送るとしましょう。

 

返信の有無は重要ではありません。

 

いわゆる”お疲れメール”を1,2ヶ月送り続け、
その後パタっとメールをやめたとしましょう。

 

メールが習慣化されていますので、
金曜日にお疲れメールが来ないと、
相手は「あれ?どうしたんだろう?」と思うわけです。

 

それによって、相手からメールが来る可能性も高まります。

 

もし、メールが来なくても、
あなたのことが気になっているのは確かです。

 

このように、
心理学に基づいてメールを活用することによって、
復縁の可能性を高めることができるのです。

 



数多くの復縁マニュアルを検証し、『復縁できる!』と確信した唯一の復縁方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

当サイトの読者さん達からも復縁報告を頂いております☆

関連記事

  1. 2011 05.11

    復縁の成功率

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人

AKIです。

このサイトでは、男性心理を解き明かし、復縁を成功させるためのテクニックや恋愛技法を発信しています。

男の視点から話すことによって、女性には分からなかった、よりリアルな男性の内側を公開しています。

復縁のみに限らず、男性にモテるための技法も発信していますので、恋愛全般で活用して頂けます。