求めているものが与えられる

この記事は2分で読めます

今回は実際に実践できるテクニックより、
精神面のお話しをしようと思っています。

 

精神面が変化すれば、
行動も変わり、
現実も変わります。

 

ですので、精神面を鍛えることは非常に重要になってきます。

 

 

今回のテーマは「求めているものが与えられる」です。

 

 

アメリカにはアンソニー・ロビンズという有名なコーチがいます。

 

スポーツのコーチではなく、
サクセスコーチという職業で、人の目標を達成するサポートをするコーチです。

 

有名なところでは、ビル・クリントン前大統領、故ロナルド・レーガン元大統領、
ジョージ・ソロス、クインシー・ジョーンズ、故ダイアナ元妃、テニス・プレーヤーのアンドレ・アガシなど、
アンソニー・ロビンズの教えを受けてきた世界リーダーは多数います。

 

 

セミナーが終了し、帰ろうとしていたある晩、
見知らぬ年寄りの男が急にアンソニーのところへ近寄ってきました。

 

外は暗く、雪も降っていました。

 

最初は警戒していましたが、
よく見てみるとホームレースでした。

 

もちろんアンソニーが億万長者であることも知らないし、
アンソニー自体も知りません。

 

その男性が急にアンソニーにこう言います。

 

「お願いだ。20ドル(約2000円)恵んでくれないか」と。

 

もちろんアンソニーにとって20ドルなんて対した金額ではありません。

 

何より、その年寄りの男性は薄着で、寒そうにしていたので、
お金は恵んであげてもいいと思っていました。

 

ですが、一つだけひっかかることがありました。

 

「ここでただ20ドルを渡しても、この男性は変わるのだろうか。
今日と明日をどうにか凌げても、またお金が無くなり同じことを繰り返す」
と思いました。

 

そこで、アンソニーは思いつきました。

 

カバンの中から5000ドル(約50万円)ほどの札束を出し、
数え始め、「欲しかったのは20ドルだね?」と聞き、
その中から20ドル札一枚を抜き、男性に渡しました。

 

その時、アンソニーは彼に言いました。

 

「求めたものだけが手に入る」と。

 

この一言はきっとこの男性を変えたことでしょう。

 

 

アンソニーがきっと伝えたかったことは、
自分の価値を自分で過小評価し、少ししか求めないと、それだけのものしか入ってきません。

 

ですが、
どんな環境や状況であれ、自分の求めたものが手に入ります。

 

いいえ、自分の求めたものだけしか手に入りません。

 

知らず知らずに自分を過小評価し、
目標を小さく設定していませんか?
「自分にはこのぐらいがちょうどいい」と。

 

 

復縁も同じです。

友人・知人にどんなに反対されても、
一回二回連絡を取るのに失敗しても、
「私(俺)は必ず復縁する」と心に決めれば必ず実現します。

 

心に決めれば、どんな障害が待ち受けていても
絶対にくじけることはありません。

 

反対に、少しでも疑心を抱いてしまうと、
壁にぶち当たったときに、起き上がれなくなってしまいます。

 

「自分はできる」

毎日、自分に言い聞かせましょう。

 

きっと良い結果があなたを待ち受けています。

 

 

本日の格言

恋は心が下にあるから下心。
愛は心が真ん中にあるから真心。

 



数多くの復縁マニュアルを検証し、『復縁できる!』と確信した唯一の復縁方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

当サイトの読者さん達からも復縁報告を頂いております☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人

AKIです。

このサイトでは、男性心理を解き明かし、復縁を成功させるためのテクニックや恋愛技法を発信しています。

男の視点から話すことによって、女性には分からなかった、よりリアルな男性の内側を公開しています。

復縁のみに限らず、男性にモテるための技法も発信していますので、恋愛全般で活用して頂けます。