冷却期間は効果ありますか?

この記事は1分で読めます

質問:

別れた後は相手のことは放っておいた方がいいと聞きます。

これは本当に効果があるのでしょうか?

逆に忘れられてしまいそうで不安です。

 

 

回答:

これはよく言われている『冷却期間』のことですね。

基本的には冷却期間は設けた方が良いです。

 

平均期間は6ヶ月間ですが、
これは別れ方や相手との関係性によって前後します。

 

冷却期間で良く勘違いされがちなのが、
相手に自分を追わせるために距離を開けるということです。

 

冷却期間は追わせるために設けているものではありません。

 

一番の目的は相手の中のあなたの悪いイメージが消すことです。

 

相手があなたを振ったということは、
何かしら別れの原因があったはずです。

その原因は、相手にとって苦痛のものだったのです。

 

ですので、その苦痛やマイナスな気持ちを、
相手の心の中から消すために相手と連絡を一切取らない、
冷却期間を設けます。

 

あなたにも経験はあるはずですが、
何ヶ月も前に誰かと喧嘩していたとしても、
現時点でも怒りという感情は抱いていないはずです。

 

人間の脳というのはそのように構成されていて、
何ヶ月もマイナスな感情というのは継続されません。

 

この脳の仕組みを活用して、
相手の中のマイナスな自分を払拭してもらいます。

但し、冷却期間を設けない方がいいケースもあります。

 

それは、喧嘩毎に別れたり付き合ったりを
繰り返しているカップルです。

 

根本的な事を言ってしまいますと、
喧嘩する度に別れるという関係性も宜しくはないですが、
このような関係の場合はすぐに謝罪して、
よりを戻すことをお勧めします。

 



数多くの復縁マニュアルを検証し、『復縁できる!』と確信した唯一の復縁方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

当サイトの読者さん達からも復縁報告を頂いております☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人

AKIです。

このサイトでは、男性心理を解き明かし、復縁を成功させるためのテクニックや恋愛技法を発信しています。

男の視点から話すことによって、女性には分からなかった、よりリアルな男性の内側を公開しています。

復縁のみに限らず、男性にモテるための技法も発信していますので、恋愛全般で活用して頂けます。