復縁・恋愛がうまくいかない大きな原因

この記事は2分で読めます

いきなりですが、あなたは以下のようなことでイライラしたりしませんか?

 

・職場の同僚や上司の言動 (手際が悪い、能力が低い)
・恋人の言動 (連絡や約束など)
・街中の人の言動 (割り込みなど)
・店員の言動 (不慣れな接客など)

 

上記のシチュエーションで頻繁にイライラする人は注意が必要です。

 

“自己中心的”、”問題重視タイプ”である可能性が非常に高いです。

 

大抵の場合、
自分のこと(自分が望む結果)だけを考え、
相手を理解していない・しようとしていないケースがほとんどです。

 

これが”自己中心的タイプ”です。

 

 

“問題重視タイプ”は、
自分の身に降りかかった問題を、
外的要素のせいにしたり、”何でこんなことが自分に起きるんだ”と
問題自体に主点を起きます。

 

見て頂いて分かるように
“自己中心的・問題重視タイプ”の人は、
基本的に【自分のことしか考えていない】のです。

 

人間関係や恋愛関係がうまく行っている人というのは、
これの正反対なのです。

 

相手のことを考えたり、解決策を見つけるために、
一生懸命考えます。

 

これに伴う例は次号でお伝えします。

 

これが恋愛や復縁にどう関係があるの?
と思いかもしれません。

 

ですが、同じ人間関係ですので、関係は大いにあります。

 

 

“問題重視・自己中心的”であると、
恋愛関係を持続させるのは非常に困難です。

 

何か些細なことで喧嘩しても、
自分の非を認めず、相手ばかりを非難してしまいます。

 

「何でそんなことするの?」
「何で分かってくれないの?」
「何で連絡してくれないの?」
「そういうところが嫌い(悪い)」

 

自分の考え・価値観・理想と異なる相手の考えを全て否定し、
「何で?」になってしまうのです。

 

ましてや、解決策を探さない問題重視タイプのため、
「何で?」「そこが嫌い」がずっと続くわけです。

 

自分が変われば、相手も変わる、といったことも理解できず、
永遠と自分を正当化し、相手を否定します。

 

別れた後にこのことに気づく人が多いです。

 

「あのとき、ああしなければ良かった」
「もっと相手のことを考えてあげれば良かった」
とよく相談の際に、皆さん書かれます。

 

ですが、それも実は、”自分のため”という人も多いのです。

 

深く掘っていくと、
「あの時、あのようにしていれば、私(俺)はもっと幸せだった」
と結局自分中心になっています。

 

その証拠に、
復縁作業を進めていく中で、相手から連絡がこないと、
「何で連絡がこないの?」「悪い内容でも送った??」
と、また自分のことでいっぱいになります。

 

相手の都合や考えは無視ですね。

 

このような考えを持っている場合、
自分が”自己中心的・問題重視タイプ”であることを自覚しなければ、
直すのは難しいです。

 

このメールを読んで、少しでも「あ・・・そうかも」と思ったならば、
今日から直していきましょう!

 

本当の幸せは、相手を理解する(幸せにする)という
与える精神から生まれるものです。

 

本日の恋愛格言

人生で起こる全ての出来事は【自己責任100%】です。
納得いかないことがあっても、自分に何かしらの原因があると考えましょう。

 

 



数多くの復縁マニュアルを検証し、『復縁できる!』と確信した唯一の復縁方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

当サイトの読者さん達からも復縁報告を頂いております☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人

AKIです。

このサイトでは、男性心理を解き明かし、復縁を成功させるためのテクニックや恋愛技法を発信しています。

男の視点から話すことによって、女性には分からなかった、よりリアルな男性の内側を公開しています。

復縁のみに限らず、男性にモテるための技法も発信していますので、恋愛全般で活用して頂けます。