メールのタイミングの鉄則

この記事は1分で読めます

復縁を目指しているあなたは既に感じていると思いますが、
メールを送るタイミングや内容というのはとても難しいです。


「この間隔が一番!」
とお教えするのも難しいです。


一つの理由としては、
別れ方や別れてからの行動が人それぞれ異なるため、
一概に「別れてから2ヶ月後にメールしましょう!」と言い切ることができません。


もう一つの理由は、
相手が元々メールをするタイプなのかにもよります。


しかし、どんな状況下でも、
共通して言えることがあります。

 

 

1)自分にとっての1ヶ月と相手にとっての1ヶ月の速さは全然違う

・「1ヶ月連絡を我慢したから、そろそろいいかな!」
とメールしてしまう方は非常に多いです。

1ヶ月では早すぎます。


相手のことがまだ大好きで、
毎日でもメールしたいあなたにとっては、
1ヶ月は相当に長く感じたでしょう。


ですが、未練が無く、普段の生活を淡々と過ごしている相手にとって
1ヶ月間というのはあっという間です。


高い可能性でこちらの気持ちがばれてしまいます。

 

 

2)身近な人しか送らないようなメールは諸刃の剣

・直近で言いますと3月11日の安否確認メールのようなものです。

相手との関係によっては、
このようなメールは好印象を与えることができます。


しかし、あまり良い別れ方をせず、
尚且つ別れからあまり期間が経っていない場合、
未練があることがバレてしまいます。

誕生日メールもその一つです。

 

 

3)会話を打ち切る

せっかくメールできたからこそ、キリよく終わらせましょう。

無理に会話を引っ張っても
相手が飽きてくる可能性があります。


あなたが一番理解できると思いますが、
《あまりメールができない相手だからこそ、もっとメールしたくなる》


この心理を上手く利用しましょう。


上記の鉄則を理解するだけでも、
冷静にメールのタイミングを見計らうことができます。


メール(電話)を制する者が復縁を制します!

 

 

本日の恋愛格言

恋愛において,一番の攻略すべき敵は自分である。

 



数多くの復縁マニュアルを検証し、『復縁できる!』と確信した唯一の復縁方法

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

当サイトの読者さん達からも復縁報告を頂いております☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人

AKIです。

このサイトでは、男性心理を解き明かし、復縁を成功させるためのテクニックや恋愛技法を発信しています。

男の視点から話すことによって、女性には分からなかった、よりリアルな男性の内側を公開しています。

復縁のみに限らず、男性にモテるための技法も発信していますので、恋愛全般で活用して頂けます。